大澤 秋津 official blog

或る市民ランナーの内省録

2021-22 B2 PLAYOFF 予想( 準決勝 & 決勝 )

 前回アップしたプレイオフ準々決勝の予想ですが、ほぼ的中でした……福島ファイヤーボンズの敗退を除いては。

 

4戦中3戦までは予想通りでしたが......
(※Bリーグ公式HPより)

 

 (所詮負け犬の遠吠えですが)僕の考えていたシナリオは以下の通り。

  1. 今回プレイオフ初挑戦のボンズアウェー&経験値不足から初戦は僅差で落とす。でも、この1敗は不可避な通過儀礼。一種の‟授業料”なので問題なし
  2. 初戦の反省&修正と、レイオフ独特の雰囲気への適応で第2戦は僅差の勝利で逆王手←ここまでは預言者の如く的中です!)。
  3. 第2戦の勢いそのままに、堅守の仙台の盾を遂に機能し始めたボンズの矛が打ち破る!第3Qから点差を広げて最終的に80点越えのスコアでボンズ勝利!さぁ、次は香川の待つ準決勝だっ!

 

 ……だったのですが。第3戦は第1Qの7-9というロースコアが物語るように、ガチガチにディフェンシブなゲーム展開からスタートした時点で仙台のチームスタイルのゲーム展開でした。

 正直、まだ敗退のショックと悔しさから立ち直れていないので、もぅ少し気持ちの整理がついてからいろいろと振り返ってみようと思います。

 

 いよいよ明日からスタートする準決勝ですが、今回はその後の決勝まで含めて一気に予想してみます。

 

名古屋vs熊本が事実上の決勝戦かと
(※Bリーグ公式HPより)

 

熊本 2-1 名古屋

 この2チームのどちらかしかB1に昇格できないことに納得していないバスケファンは僕だけではないと思います(なにも準決で潰し合わなくても……)。

 バックコートの日本人の層では名古屋がやや有利なものの、最終的にこのカードは外国籍選手の差で決するかと。両チーム共に所謂3ビッグ(※外国籍選手2名+帰化選手orアジアの選手1名)のラインナップをとることが可能ですが、ここが勝負を分けるポイント。熊本のL.J.ピーク選手ジョーダン・ハミルトン選手のパワー、スピード、テクニックに対抗できる選手が残念ながら名古屋にはいません(というか、この2名を同時に止めるのはB1のチームでも難しいのでは)。インサイドに戦場を限定すればある程度は抑えることができるかもしれませんが、この2名は3Pをラインから50cm離れた所から打って決めてきます。

 守り切れない以上、名古屋が点の取り合いに持ち込んで1勝するものの、最後はダブルOTを準々決勝で制した熊本の経験値HCの力量の差で熊本が決勝へ。

 

 

香川 2ー0 仙台

 「福島が勝とうが仙台が勝とうが、香川には通用しない」という旨の見解をSNSで目にしたのですが、残念ながら&認めたくはないのですが、その通りかと。堅守の仙台ですが、仮に得意のロースコア・ゲームに持ち込めたとしても、香川のアンガス・ブラント選手テレンス・ウッドベリー選手の両名を仙台の外国籍選手が守り切るのは難しいかと。特にウッドベリー選手はマッチアップする相手が体格&パワーで勝れば機動力&シュートレンジで、スピード&平面勝負で抑えにくれば肉弾戦と、常に自分の有利なミスマッチを生み出せることが特筆すべき点で、この2つで彼を上回る選手が仙台にいないことを当然香川は突いてくるでしょう。

 また、vs福島で露呈したように仙台は得点を外国人選手に完全に依存する時間帯が多く身長差のミスマッチをどうしても狙われやすいのも難点。

 個人的には準々決勝で爆発した仙台の岡田泰希選手と、昨プレイオフで天国と地獄の両方を見た渡辺翔太選手のプレイに注目しています。とても。この2名が同時に‟シリーズ男”級の活躍をすれば結果は違ってくることも。

 

 

 そしてちょっと気が早いですが、決勝戦は......

 

熊本 2-0 香川

 準々決勝の西宮vs熊本の二度に及んだ延長戦を見ていて改めて思ったのは、レイオフのような特殊な短期決戦には、勝負を決め切ることが出来る絶対的&支配的な外国籍エースが不可欠かと。......今シーズンの福島に欠けていた要素の一つです。

 それ程にL.J.ピーク選手とジョーダン・ハミルトン選手の存在は大きいのですが、‟結局、最強の外国籍を潤沢な資金力でそろえられたチームが優勝”がB2やB3の主流になりつつありますが、完全にそうなってしまったら……僕は嫌だな。

 

 

2021-22 B2 PlayOff予想(準々決勝)

 2021-22シーズン開幕直前に僕の予想したB2リーグ東地区の予想順位は以下の様なものでした。

 

西地区の予想はかなり適当なので割愛します(汗)

 

 ……そして、レギュラーシーズン終了後の実際の結果がこちら。

 

福島ファイヤーボンズ公式HPより

 なんと、上位4チームの順位が的中で、我ながらちょっとびっくりです。さらに青森の主力マイケル=クレイグ選手の早期退団という大誤算までは予想できなかったものの、その青森を除けば全7チーム中6チームの順位が予想通りとなりました!

 

 そこで今回は、さらに調子に乗って(?)明日から始まるプレイオフの準々決勝の予想をしてみようと思います。

 

Bリーグ公式HPより

 

 名古屋 2ー1 越谷

 

 昨シーズンのプレイオフでは3戦目までもつれる名勝負の末に越谷が勝利。ただし今シーズンの名古屋はクラッチプレイヤーの石川選手と安定感抜群の笹山選手に加え、昨年のB2王者群馬から移籍した選手2名の存在という総合的な経験値によりもはや別チーム越谷がインサイドを支配できないようであれば2ー0のスウィープも

 

   

 熊本  2ー1 西宮

 

 チームの完成度は西宮の方が上。ただし、昨シーズンのB1ファイナリストのL.J.ピーク選手は確実にプレイオフでギアを上げてくると、彼を止められる選手はB2にはほぼ皆無のため最終的には個の力がチームの完成度を凌駕する結果に。レギュラーシーズン今ひとつだった熊本は今プレイオフの台風の目になる可能性も。

 

 

 福島  2ー1 仙台

 

 安定した堅守の仙台に対し、プレイオフ初出場の福島のオフェンスがどこまで通用するかというホコタテ対決。仙台のロースコア&スローペースに対し、福島はアレックス選手のドリブル突破や思い切りのいい外からのシュートなど走る&キックアウトの早い展開に持ち込み60点を超えられるかどうかが勝負の鍵

 ①昨プレイオフブザービーターで躍進した仙台の渡辺選手に対する”天敵”水野選手のディフェンス、②終盤調子を上げてきた市岡選手のインサイドでの貢献、③長谷川選手&菅野選手の3Pの復調が勝利への絶対条件。

 また、プレイオフ初出場なので、仙台のフルコートプレス&肘を振り回してくるフィジカルコンタクトに対しフラストレーションを貯めず、ジャッジにどう対処&適応していくかチームとしての成長も課題

 選手層が厚い福島だが、短期決戦のプレイオフでも全員バスケを敢行するのか、それとも7〜8名のスペシャルチーム編成で戦うのかといった指揮官の采配も注目ポイント

 

 

 香川  2ー0 佐賀

 

 佐賀のガルシア選手もプレイオフで確実にステップアップしてくる名PG。ただしPGというポジションも含め彼一人にかかる攻守の負担は大きいため、香川の総合力が上回る結果に。

 

 

 

 ……今年のボンズは強いのか弱いのか、いまいちよく分からない部分が大きいので、一番予想が難しかったです。1ブースターとしては、一戦毎に選手個人&チーム共に成長してことを信じて全力応援する所存です!

 

 

 

2021-22 福島ファイヤーボンズ ブースター感謝祭

 昨2020-21シーズンの感謝祭は楽しい企画に溢れ、選手の意外な側面も明らかになるシーンもあったりと、とても充実した一時でした。でも、プレイオフ進出の可能性が消滅した後のホーム最終戦に続いて開催されたため、「この一年、全力で応援してきたこのチーム、そしてこのメンバーとも今日でお別れなのか」という気持ちと「これが見納めになってしまうのか」という想いが払拭できないまま会場を後にしました。そしてそれから約1週間、僕も家人も結構シリアスな喪失感というか、わかりやすく言えば“ボンズロス”みたいな状態に陥ったのです。

 

 大幅な戦力補強を敢行して臨んだ今シーズン、当然戦績は昨シーズンを上回ったものの、コロナによる試合の中止や地震による会場の変更など試練は続き、その苦闘の果てに勝ち取ったのが初のプレイオフ進出でした。

 なので、今シーズンの感謝祭をお別れ会ではなく、決起集会として参加できることに対して、ブースターである僕としては感謝しかありません!

締まりのない(?)選手宣誓のトリを締める森山HC

 昨シーズンの感謝祭では、当時在籍していたジョーダン=フェイゾン選手のサイン入りポスターをゲットという僥倖に恵まれましたが、今回の抽選会での収穫はなし(涙)。

レイオフ初出場 = 一番化けるチーム!

 最後の全体写真撮影の後、ブースター退場&選手お見送りの際、森山HCと目が合い、(声は出せないので心の中で)「絶対、B1に行きましょう!プレイオフ、頼みましたよ!」という無言の訴えにしっかりとアイコンタクトで力強く応えていただきました。

 そして、隣の選手との会話を中断して手を振っていただいた菅野キャプテンには、着用していたレプリカユニフォームの21番を見せた上で「レイオフ、復調ではなく爆発を」と右手の拳を握り締めて念を送らせていただき、会場を後にしました。

 

 翌日、友人からのメールには一言「新聞に見慣れた人が写っているような気がする」。そして写メが一枚添付されていました。

まさかの人生初フライデー ※掲載紙は福島民報

 

 

 

第29回 郡山シティーマラソン大会

 2019年7月の東和ロードレース(通称『地獄坂』)から約3年……一市民ランナーとして再びレースに参加するという積年の夢が今日、ようやく叶いました。コロナ禍とはいえ、まさか3年も待つとは。

規模縮小とはいえ、この雰囲気は久しぶり!

 思い返せば僕の市民ランナーとしてのデビューは2017年の円谷幸吉メモリアルマラソン(10km)。その後、『はてなブログ』上のさまざまな大会レポートを参考にしながら、「いつか自分も」とアカウントを取得しました。

 計算外だったのは2020年の緊急事態宣言の拡大当ブログは当初、匿名の一市民ランナーによる大会や練習レポとしての開設を予定してましたが、休校期間であっても生徒をバックアップする必要性を痛感し、急遽、放置していたアカウントを基に英語学習受験生へのアドバイスを主眼に置いたブログがスタートした次第です(そして、その後方向性が良く分からないまま今日まで迷走を続けるという)。

 ですので、今回の記事は当ブログ初の大会レポとなりますが、僕としてみれば予定外の長大な回り道の末に本来の目的へと回帰を果たした、という感じです。

非厚底派の僕としては、肩身が狭い今日この頃

 市民ランナーとしての僕はどうやらハーフマラソン前後の距離から本領を発揮するタイプらしく、10kmという距離に対しては「短すぎる!」という苦手意識があります。それでも今日のためにインターバルやペース走を練習に取り入れて備えてきたのですが、最大の誤算は3回目のワクチンの影響

 接種後、①身体はどこか重く、②キレも悪く、③息切れもしやすくなり、④足の疲労も抜けにくくなった感があります。ここに⑤原因不明の腰痛が加わり、2週前辺りから「今回はベストコンディションで臨めない」ということを受け入れざるを得ない状態でした。

 目標としていたタイムには届きそうもないし、下手をすると完走も危ぶまれる状況の中、気持ちは相当に後ろ向きになっていました。でも、ある時「ダメならダメでいいじゃないか」とふっ切れて以降、目標タイムを自分で勝手に設定することで自分を苦しめていたことに気づき、そこから「その代わり、現時点で出来る限りのことは全てやる」といった現実的な姿勢に移行することができました。

 

 天気は曇り、気温は15度前後と(走るには)恵まれたコンディションの下、スタートのピストルが鳴り、競技場の出入口付近で後続のランナーからタックルを受けるも(こういう接触は不可抗力で想定内)、まずまずの走り出し。

 僕は5km前後から自分のペースをゆっくり探っていくタイプですが、今回そんな余裕はないため、最初からイーブンペースで攻める作戦。ただ、練習の時と同様に立ち上がりの3km前後はやっぱり呼吸が整わず苦しみました。また、足の疲労もまだ残っていて、かなり早い段階で「今日は調子は良いとは言えない」ことを受け入れた上でのチャレンジに。

 起伏がほとんどないコースでしたが、終始呼吸は苦しく、ペースも上げることができず、ずっと隣から弱気な自分があーだこーだとネガティヴなことを囁いているような心理状態でしたが、ラスト1km付近から(余裕は全くなかったけれど)スパートをかけ、さらに競技場出入口付近からスプリントでゴール!

 

 前述したように、僕の市民ランナーデビューは2017年の円谷幸吉メモリアルマラソン(10km)で、たった1ヶ月前後の練習でいきなり48分という悪くないタイムを叩き出せたものの、その後10kmのレースは走っておらず、加えて今回のコンディションでは自己ベスト更新はどうかなと思っていました。

 

たった1分だけど、僕にとっては大きな前進!

 ゴールの瞬間、横のパネルが47分04秒を指していたのですが、改めて記録を見ると予想以上に善戦していたのだな、と思います。レース中は調子が良い時の本来の自分の走りができていないことにフラストレーションが募り、ペースも全然上げることができない感覚だったのですが、周囲のランナーに引っ張られる形で、実は最初から練習時よりも速いペースを維持したまま、イーブンでフィニッシュできたのだと思います。

 普段以上の力を出せたというのは、ゴール後にこれまであまり痛まなかったはずの筋肉まで悲鳴を上げ始めたことが動かぬ証拠かと。

 

 参加して良かった。開催に関わった全ての方々と、そして僕の力を引き出してくれたランナーの皆様に感謝しています

 

 

 

 

Current English from Headlines vol.8

 新年度の準備などに追われ、時事英語関係の記事の更新が滞ってしまいましたが、ちゃんと自分の勉強としてノートは日々取り続けています。

f:id:dragonfly_dynasty:20220412105439j:plain

野球の‟バッター”の由来は、動詞batterから

 

 先月の3月5日からスタートした時事英語関連の勉強。飽きっぽい自分としては意外にも三日坊主になることなく、どうにか1ヵ月以上続いおり、ちょっと驚いています。

 今回の勉強を始めるにあたって意識したのは脱完璧主義継続性。僕は自分で決めたルールに自分で縛られてしまう傾向があり、高すぎる目標が達成できそうにないとわかるとすぐに投げ出すことが多々あります。なので今回はその弱点を逆手にとって、最初から毎日やらないことを前提に着手しました。これがどうやら功を奏したようです。

 あとは、ちゃんと続けるためにいいノートを厳選したことも大きかったかなと。貧乏性(?)の僕としては、準備にこだわった分、そのエネルギーを無駄にはしたくないという心理が無意識に働くようです。

 4月12日の今日現在、全176ページのノートのうち、ようやく31ページまで到達しました。今後も不定期な更新となりますが、とりあえずこのノートが終わるまでは続けていこうと思っています。

 

 

今日から新シーズン!

 某国営放送で大絶賛放送中の『ラジオ英会話』。現在のラインナップで5年目に突入の新年度開講は先週4月4日でしたが、スマホNHKゴガク』のアプリで視聴派の僕にとっては今日からが新シーズンの幕開けです!

 

f:id:dragonfly_dynasty:20220411145641j:plain

4月は基本動詞特集!

 アプリでの視聴の場合、本放送から1週間遅れてのアップとなり、1週間分(各15分×5回)の内容がいつでも何度でも聴けるのですが、この利便性にアクセントを加えているのは、翌週月曜の午前10時で新しいコンテンツに更新されるという締め切りの存在

 スマホに購入した音源を録りだめて、結局ほとんど聴かないという典型的なダメ人間だった僕にとって、この‟1週間分の内容を自分でマネジメントしながら学習する”という自由と責任が紐づけされたシステムは、絶妙にハマりました。おかげさまで2年連続‟皆勤賞”です!

 

 ......ただ、週末にまとめて集中的に聴くケースが多かったことが昨年の反省点。今シーズンはもう少し均等に、継続性を重視しながら続けたいと思います。

 そして、この講座で学んだことを、より英会話教室などで積極的に‟試し切り”し、洗練させ、授業に還元していこうと思います。

 

f:id:dragonfly_dynasty:20220411145659j:plain

市内の某大型書店にて。レイアウトが......作為的(笑)。

 

 

第3回 春のワクワクちん接種レポ ~当日午後から地獄変の巻~

 表題に無理やり‟ワクワク”という語句を入れ、少しでもワクチン接種に前向きであろうとする自己欺瞞作戦もそろそろ限界です。でも、今回のレポが3回目の接種を控えた皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

 僕の3回目の接種は昨日(3月30日)の午前9時から。朝起きて英語のニュースを確認していたところ、NYTの電子版には ‟F.D.A. Allows Second Coronavirus Boosters for Everyone 50 and Older” のヘッドラインが。海外のニュースで対象年齢に達していないにも関わらず「……もぅ勘弁してくれ」とディープに。晴れやかな空の下、重い足取りで近所のお医者さんへと向かいました。

 ずっと同じところで接種してるので、僕の素性は覚えられてしまったようです。今回も先生と予備校の在り方についてのお話で盛り上がり、どのタイミングで注射を打たれたのかはよく覚えていません。

 15分の様子見の後、帰宅した辺りから「今回は腕が重く感じられるのが少し早いかな?」とは思ったものの、すぐに実家の庭の手入れに出かけ、その後家人と昼食に。

 

 様子に変化が訪れたのは予想よりもずっと早く、午後2時を過ぎてから。まずは......やっぱり頭痛が最初に来ました。確かに接種の前々日にインターバル走(全力疾走1km×3本)を行いましたが、前日はしっかり回復に充て体調は万全のはず。でも例の如く、頭痛からの悪寒、そして全身の倦怠感という畳みかけるような副反応の見事なコンボ。第2回目と決定的に違うのは、前回はこの連鎖が接種した翌日のお昼にピークを迎えたのに対し、今回は接種当日の夕方に絶頂を極めた点です。

 頭痛がどんどん酷くなる一方なので、アイスノン&水分補給をしつつ、久々にゲーム(※今話題の『ELDEN RING』)で気を紛らわす作戦を決行。折角の春らしい快晴の中、外に出ることも叶わずファンヒーターの前で震えながら薄気味悪い‟狭間の地”の洞窟で全長3mを超えるような異形の怪物に何度も棍棒フルボッコにされ、気が紛れるどころかかえって落ち込んでしまいました。

 そんなこんなで現実逃避もさした効果はなく、頭痛と悪寒と倦怠感のトリプルメガマックスコンビネーションに屈し、午後5時頃からとりあえず約1時間仮眠をとることに。この日は夜7時からの英会話のレッスンになんとかして参加するつもりでしたが、1時間経っても改善は見られず欠席の旨を連絡。......今思えばここが苦しみの頂点だったと思います。

 8時に軽い夕食をとり、すぐにパブ▢ン(※伏字です。四角の記号文字です。カタカナではありません)を、就寝前にチオビ夕(※漢字の‟夕”です。カタカナではありません)を飲んで早めに寝ました。どうせ他に選択肢はないし。

 

 日付が変わりまして、接種翌日の本日。倦怠感は依然残るものの、頭痛はほぼ解消体温調整機能がまだ少しぶっ壊れたままですが、どうにか午後の授業を無事終えることが出来、心底ホッとしております。

 今回の僕のようなケースが果たして一般的なものかどうかは知る由もありませんが、2回目の接種の副反応が翌日に見られた方は、3回目に関しては接種当日から十分に警戒しておいた方が良さそうです

 ……以上、現場(?)からお届けしました。