大澤 秋津 official blog

或る市民ランナーの内省録

Challengers again: expand horizons

 2000年のシドニーオリンピック女子マラソンでの金メダル獲得をきっかけに、高橋尚子選手小出義雄監督の師弟コンビに興味を持って以降、両者の著作を片っ端から読む程にはまっていた時期がありました。

 そんなある日、ふと目についたのはシューズ店の入り口の横に掲げられていたポスター。残念ながら現在、Yah〇〇やG〇〇gle(※伏字は小さなフォントの‟マル”であり、決してアルファベットではありません)の画像検索でもそれらしきものにたどり着くことはありませんが、詳細まで覚えています。

 何かに向かうような前傾姿勢の高橋尚子選手。サングラスを着用されているのでその視線の先に何を見ているのかはうかがい知れませんが、横には‟挑戦者”と大きく縦に3文字。このイメージは今でも強烈に脳裏に焼き付いています。金メダルを獲ってなお、挑戦者か...…と。

 

 2020年は‟教育を止めるな”という理念の実践のため、一旦保留にしていた自身の挑戦の数々。そのいくつかでも再開する必要性を感じる日々の中で、エントリーできそうなマラソン大会はことごとく中止になっていく…...。

 そんなある日、ふと何の脈絡もなしに「そうだ!TOEICに挑戦しよう」という気持ちになり、そしてこの約1か月強、リハビリにしては随分と荒療治だったかもしれないけれど、一挑戦者としての本来の姿を取り戻そうと奮戦しておりました。

 

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210719124407p:plain

試験翌日の記録

 

 …...という訳で、久々のブログ更新となります。楽しみにされていた全国推定500万人(※適当)のフォロワーの皆々様方におかれましては、長期休載となり申し訳ない次第です。

 この約1か月強の間、走ることも泳ぐこともすっぱりと諦め、睡眠時間以外の時間はとにかく惜しんで準備に充てました。その反動か、試験終了直後から軽めのburnout syndromeのような状態(通称ポンコツweek”)に陥りましたが、ようやく平常運転へと復帰できそうです。

 

 TOEICに対しての賛否両論や、英検1級取得者がTOEICを受検する意義の有無について様々な意見があることは重々承知しておりますが、今回のチャレンジは間違いなく英語講師としての僕のを広げたと確信しています。

 そして、これからはこのチャレンジから学んだ知識や経験を、まずは授業で、そしてこのブログでも還元していこうという新たな気持ちも生まれました。

 

 結論:たいへんだったけど、やってよかった!

 

 

 

OUTPUTを前提とした英単語学習の一例

 昨年の緊急事態宣言の拡大による休校期間中、生徒のバックアップのための‟臨時ブログ”として急遽スタートした当ブログ。その役割を終えて以降は……執筆者の趣味美学に任せ迷走暴走を続け今日に至る次第。

 「そろそろ店仕舞いかなぁ」と思うこともあるのですが、大変ありがたいことに一定数のアクセスがございますので、今暫くおよそ世間様にまるで貢献しないであろう生産性限りなくゼロの駄文を無駄にハイカロリーな感じで性懲りもなく連ねていきたいと思います。

 

 ……でもですね、今回は以下の人たちにとっては少しはお役に立てそうな気がします(&お役に立てればこの上なく嬉しいです)。

 

  • 国公立大の二次試験や志望大学の入試に自由英作文がある受験生の皆様
  • 英検2級以上のwritingに苦戦されている方々
  • 英検準1級以上の二次面接に不安を抱える方々

 

 共通するのは、時事問題頻出テーマに関する専門性の高い英単語を、まずは背景知識と共に覚えなくてならないこと。

 でも、実はこの‟覚えること”にこそ大きな落とし穴が。通常と同じような学習方法では、いくら語彙を増やしたところで実戦(=本番)ではまるで役に立たないのです。要は、単に英単語を覚えたというレベルに留まっているうちは、自分の意見を組み立て、そして発信する段階へと移行しないのです。

 ……恥ずかしながら、僕はこのことに気づくのに相当時間がかかりました。具体的には英検1級の自由英作文&二次面接対策の際、それまでの自分の単語学習のやり方に大きな限界を感じ、そして軌道修正と工夫の必要に迫られたのです。

 

 「最初から発信することを前提とした単語の覚え方をしないと意味がない」……そう悟った僕がまず向かったところは、我々善良なる一般市民にとっての桃源郷(※シャングリラ、とお読みください)、100均のダイソーでした。

 単語カードを物色している時に頭をよぎったのは「表に単語、裏に意味だけ書いても(自由英作文&二次面接対策としては)無意味」というこれまでの反省。

 そんな時、ふと目に入ったのはかなり大きめのインデックス・カード。以前、『京大式カード』による情報の構築と整理術に関する文章を読んだことはあったのですが、「これでもいけるんじゃないか?」と思い早速購入!

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185151j:plain

注:隣のMSは付属いたしません

 

 ここからは僕の英検1級対策の際の手の内を本邦初公開!……でも、飽くまでも一例です。僕自身、今振り返ってみるとまだまだ改善の余地があると思います。それでも、他山の石としてお役に立てていただければ幸いです。

まずはカードの表の使い方!

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185204j:plain

余白を贅沢に使いましょう!

 頻出テーマの中でも特に重要な語句をピックアップして意味を書いたら一旦終了です。そして後日、関連する用語を余白に書き込んでいきます大切なのは一気に完成させないこと。最初の記入作業は‟きっかけづくり”。別な問題や英文の記事などで同じようなテーマに遭遇した際に目にした同義語類義語対義語言い換えられた表現などを後から書き込んでいくことがメインの作業になっていきます。

 

次はカードの裏面の使い方!

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185200j:plain

くれぐれも全部埋めようとは思わないこと!

 

 辞書やネットから良質な例文を探して書き込んでおきます。注意点は以下の3つ!

  1. 自分が本番で使いこなせないような高尚な例文は避けましょう。生兵法は大怪我のもと。
  2. ネットの例文は時に誤ったものが掲載されているので、信頼できそうな出典から検索しましょう。
  3. 本番でも使えそうな自分の考えに近い例文だけでなく、しっかりと‟譲歩”として使えそうな異なる視点&対立意見からの例文もチェックしておこう。こうすることで自分の考えに客観性が伴うばかりか、二次面接の質疑応答の対策にもなります。

 

 改めて強調したいのは「最初から発信することを前提とした単語の覚え方をしないと意味がない」ということです。「ならば、最初から発信を前提とした覚え方をすればいい」……そう思って着手したこのやり方です。

 自分の考えをゼロから構築して英語で表現することを一旦放棄し、自分の考えに近い英文や使えそうな例文を軸に進めていくこのアプローチは、最初から全体の完成を目指すものではなく、ある意味、局所的なパート練習です。少なくとも僕にとってはとても効果的でした。一つひとつの部品の完成度を上げパーツを少しずつ追加すること最終的に一貫性のあるものをなんとか組み上げていくことができるようになりました。

 

 あと、個人的には例文に訳は書かない方がいいと思います。日本訳とセットで覚えると、かえって本番の時にすっと出てこないので。

 

 欠点は手間と時間がかかること。でも、その分だけ着実に定着します!この作業を通じていろいろな考え方に触れ、それによって自分の視座が深まり、それを英語でどのように表現するかも学んでいく。とてもシームレス且つ己の血肉となるプロセスでした。

 

 

 

 今回は特別に、もう少しだけ参考例を公開していこうと思います。

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185156j:plain

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185147j:plain

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185140j:plain

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185135j:plain

 

f:id:dragonfly_dynasty:20210603185131j:plain

 

 とにかく時間がかかる作業なので、今のうちから日々、コツコツと仕込んでおくことをお勧めします!

 

 

追記:模試の復習の進め方

 2020年の緊急事態宣言の拡大による休校期間中の生徒のバックアップのための‟臨時ブログ”としてスタートした当ブログ。その役割を終えて以降は......執筆者の趣味美学惰性に任せ迷走暴走を続け、軌道修正もままならないまま今日に至っております。

 本人としては(ブログのサブタイトルにあるように)一市民ランナーとして、日々の練習報告や大会レポートのような記事を書き残したいところですが、今しばらくはそれも叶いそうにありません。

 

 ......そんな状況ではありますが、今回は初心に帰って昨年の‟2020 休校期間特別企画”についての簡単な追記を試みたいと思います。

 先日、高校生向けのイベントのために担当者と事前アンケートを分析していたところ、勉強方法について聞きたいポイントの断トツ1位‟模試の復習のやり方について”。そんな訳で、まずは昨年自分が書いた記事を約一年ぶりに読み返してみました。

 

dragonfly-dynasty.hatenablog.com
dragonfly-dynasty.hatenablog.com 

dragonfly-dynasty.hatenablog.com

 

 この3本の記事を基にレジェメを作成し内容を練っていたのですが、イベント当日の最終打ち合わせの段階で「より具体的な方法を示したい!」ということになり、急遽、模試の自己採点の際のサンプルの作成に着手しました。

f:id:dragonfly_dynasty:20210522210946j:plain

飽くまでも参考例ですが

 アドバイスを活用してくれた昨年度の生徒の取り組みを思い出し、彼らの自己採点表を再現してみました。

 簡単に説明すると、自信を持って正解できた問題に〇、あまり確信が伴わなかったりたまたまカンが当たって正解したような問題には△、間違えた問題には✕を記し、△と✕については、自己採点中に原因や疑問点を短いメモで残しておくといいと思います。

 また、英語は時間配分がカギとなるので、各設問の解答時間もメモしておくと今後の時間配分についての改善点が見えてきます(漠然と「解答時間が足りなかった」の一言で放置しておくことだけは避けるべきかと)。

 

 今回のイベントを通して、昨年の記事が自分の中で大きな財産になっていることを再認識したのと同時に、やはりまだまだ改善点もあることに気づけたことは貴重な経験でした。

 また新たな発見があったら、こんな感じで過去の記事のbrush upも図ろうかな、と考えています。

 

 

爆誕!進化を極めし神獣の巻

 去年の夏同様、先日友人と某所に赴き……そして去年の夏同様、友人が妙なガチャガチャの第2弾らしきものを発見し……そして去年の夏同様、我々は運命に導かれるように更なる進化を遂げた神獣たちに出会ったのです。

 

dragonfly-dynasty.hatenablog.com

 

  もはや魔改造レベルにまでアレンジされ、ともすると各方面の偉い方々から叱られかねないギリギリのグレーゾーンに位置するこの伝統工芸品(※究極進化形態)ですが、なかなかの人気を博しているようです。友人曰く「……このコロナ禍も一因だろうな」。

 

www.famitsu.com

 

 今回の僕の第1希望‟青・ケルベコス”!もはや‟赤”でもなければ‟べこ”でもない、そんな自らのアイデンティティを全て脱ぎ捨てるという禁断の進化を遂げた姿に魅かれました!

 ……あとちょっとだけ真面目な話、変異種が横行する今日、ただでさえ未知の相手が訳の分からない変貌を遂げたのなら、こちらもこのくらいはやって抵抗しないと、という気持ちもどこかにありました。

 

 去年の夏同様、精神を集中し、心静かに300円を投入。「我が望みに応えて出でよ!神々の造りし奇跡!神獣‟青・ケルベコ~ス”!」と(心の中で)唱え、無心でレバーを回すと……またもや一発で出た!

f:id:dragonfly_dynasty:20210510144714j:plain

去年の夏同様、磐梯山を背景に

  

そして、この『神獣ベコ』シリーズといえば、以前紹介した『もりっしゅ』様!

dragonfly-dynasty.hatenablog.com

 

 

後日、早速報告を兼ねて訪れてみると……

f:id:dragonfly_dynasty:20210510144717j:plain

仕事(?)が早っ!

 ちなみに、お店の方は周囲のガチャガチャの位置と状況を詳細に把握されており、今回の第2弾のシークレット(計3色?)を虎視眈々と狙っているそうです。

 このカウンターこと‟神獣が集いし聖地”に新たなラインナップが加わる日が楽しみです。

 

 

到来!初夏のアヒージョ・ブームの巻

 オリーブオイルとニンニクで食材を煮込むスペイン料理の一種、‟アヒージョ”ですが、これまで特に強いこだわりがなかった僕の嗜好性を180°転換してしまう動画に巡り合ってしまいました。

 


www.youtube.com

 

 これを見てしまったのも何かの縁。あとはもうチャレンジする以外に道はありません。という訳で、早速上質な鶏皮を求めて市内のスーパーに突撃したのですが……3件目にしてようやく入手。しかも、幸運なことに伊達鶏の鶏皮

f:id:dragonfly_dynasty:20210506121925j:plain

この味が いいねと君が言ったから 5月2日はアヒージョ記念日(盗作)

 御紹介した動画ではスキレットを2つ組み合わせていましたが、家庭用のフライパンと蓋で問題なくできました。

 オリーブオイルは一切使用せず弱火~中火で鶏皮の油をじっくり引き出しながら塩&胡椒を少々、後はニンニク(今回は中国産)とマッシュルームを投入し、蓋をするだけ。

 完成後に、プチトマトを添えてみじん切りにしたパセリを散らすアレンジを試してみましたが……特にプチトマトはマストアイテム!口に広がる塩とニンニクと鶏油のシンプル且つ濃厚な味わいの中に吹き抜ける酸味と甘みの一陣の風、といったところです。

 

 この日の食材を買い求める前に立ち寄ったコーヒー店で、豆を焙煎していただいている間に読んでいた雑誌にも美味しそうなアヒージョ風ローストチキンの作り方が紹介されていました。

 もぅこうなると何か一種の運命の悪戯です。誰かが僕に「汝、アヒージョを極めよ!さすれば新たなる道が切り開かれん!」と囁いているに違いません(被害妄想)。店主の方に許可をいただいた上でメモを取り、こちらにもチャレンジ!

f:id:dragonfly_dynasty:20210506122014j:plain

カレー粉の代わりにターメリックを使用しました

 もちろんアヒージョ単体でも文句なしの美味しさですが、ビールとの相性は犯罪級。重くなりがちなアヒージョの風味を、喉を通過する麦芽の苦みがいい感じでリセットしてくれて、また新たな気持ちで次の一口へと……無限ループ

 

 後日、余った鶏皮で第2弾!今回はマッシュルームの代わりに冷凍した椎茸としめじを使用し、ジャガイモも投入!

f:id:dragonfly_dynasty:20210506121952j:plain

ジャガイモの有無は個人で好みが分かれるかも

 予想通り、冷凍した椎茸の深い味わいとコクが加わった一品となりました。流石に間隔を開けずにこのペースで作るのもどうかしているので、自重したいと思うのですが、次にスーパーで鶏皮を目にした時、理性を保てるか否かの自信は皆無です。

 

 

 

発見!神獣の集いし聖域の巻

 はじめに一言。今回の記事のタイトルの‟聖域”が脳内でサンクチュアリと自動変換された方は、おそらく‟小宇宙”も反射的に光速で‟コスモ”と読まれるであろう立派な聖闘士セイント)の資質をお持ちであるとお見受けします。

 

 それでは本題。以前、もはや魔改造レベルにアレンジされた赤べこのフィギュアのガチャガチャを発見し、その中でも特に強烈だったケルベコスなる神獣を気合一発で引き当てた強運の持ち主である僕ですが……。

 

dragonfly-dynasty.hatenablog.com

 

 先日、ちょっと遅いお昼をいただいていた郡山駅2階にある『もりっしゅ』のカウンター横に、まままままさかの光景が!

f:id:dragonfly_dynasty:20210406143722j:plain

奇跡の神獣全員集合!

 本物(?)の伝統的赤べこに両サイドを固められていたため、危うく見逃すところでした。

 お店の方に写真撮影の許可をうかがったところ、速攻で快諾していただきました。やはり僕同様、夢にまで出てきそうなインパクに魅入られてしまったそうで、御本人曰く「いい年して」フル・コンプリートを目指し、お財布を握りしめ何度も挑戦したそうです。その方もガチャガチャにチャレンジするのは数十年振りとのこと。他人事とは思えない親近感と同時に、全部揃え切ったブレない姿勢敬意を感じました。

 

 郡山駅2階にある『もりっしゅ』は、‟まるっとふくしま”をテーマに県内のメジャーな郷土料理や地酒が楽しめる、いわば福島県の食文化のアンテナショップ

 以前このブログで紹介させていただいた‟サンドイッチ・アーティスト”の方が、ご家族で福島に観光で来られる際、お勧めスポットの一つとして推薦させていただきました。 

 

dragonfly-dynasty.hatenablog.com

 

 数あるメニューの中でも、一番のお勧めはソースかつ丼衣はとても薄く、それでいて最後までカリッとした食感。甘辛系のソースは口の中で広がる豚肉の旨さとご飯の風味に完璧にマッチする絶妙の塩梅。なによりも豚肉そのものが美味しく且つほんのり甘く、肉汁まで堪能できる一品です!

f:id:dragonfly_dynasty:20210406143718j:plain

もはやこれ以上説明は不要!

 このお店で食べるまでは、どちらかと言えば煮込みかつ丼派の僕は、一般的なソースかつ丼の酸味のある濃いソースと厚い衣の組み合わせがあまり得意ではなかったのですが、その価値観にコペルニクス的転回をもたらした逸品です!

 

 …...2016年度の千葉大学の前期に出題された、夢についての概論的英文の予習をしていた時のある夜、夢に大学時代の同級生が現れ、突如何の脈絡もなしに「最近とんかつしか口にしていない」という謎のメッセージを告げられた僕は、それから3日間、実際にとんかつの類を食べることで必死にその真意を探ろうとしました。でも、摂取するカロリーの大きさに反して天啓や啓示を得られる予感は皆無であり、もりっしゅのソースかつ丼をもってしても深淵なる闇の底に眠る答えには未だに辿りつけていません。

 

 

絶品!酪王牛乳のとろけるミルクプリン

  全国推定5千万人(※適当)の酪王牛乳信者の皆様、こんにちは!聡明なる皆様におきましては、もう既にあの至高の味わいを御堪能済みかと思われますが、酪王牛乳信者の末席に身を置く小生としましては、今回、セブンイレブンで絶賛発売中の酪王牛乳のとろけるミルクプリン』の魅力についての啓蒙活動を、この場を借りて行いたく思います。

f:id:dragonfly_dynasty:20210409224915j:plain

同じ日に同じものを家人も買ってくるという偶然……

 酪王牛乳や酪王カフェオレとコラボした商品は全般的にハズレが少ないのですが、‟素材”の持つ本来のクオリティの高さ故、1+1が2以上になる化学反応(※ケミストリー、とお読みください)が生じにくいといった側面も否めません。

 要は、ベースになる酪王牛乳やカフェオレの美味しさの延長線上に予想される味わいを超えることが難しいという、これはある種贅沢な悩みです。でも、このミルクプリンはこの問題を軽~くクリアしていると僕は思います。

 

 写真では分かりにくいのですが、お値段の割にやや小さめの容器&容量です。まずはいきなり混ぜるといった無粋な真似をなさらず、上の層から順に楽しむことをお勧めします。

 一番上の白いホイップな食感の層に続くのは、商品名に偽りなしのなめらか&濃厚なミルクプリンの層。この二層の食感と味わいが織りなす二重奏(※デュエット、とお読みください)でも相当に高い完成度ですが、ここに究極のラストピースことジュレ状のカラメル層が加わることで、なんということでしょう!至高の三重奏(※トリオ、とお読みください)の誕生です!

 このカラメル層ですが、甘過ぎず&苦すぎず、でも上の二層の甘い&甘いパートに対していい感じのアクセントを醸し出す味変要因となっています。是非、最後はカラメルを絡めて、そのトータル・バランスの妙味に酔いしれていただきたく思います。

 

 ……先日、2021年10月に酪王と東北乳業が対等合併し、新会社「酪王協同乳業」が設立されるニュースを知りました。‟酪王祭り”や社会科見学で慣れ親しんだあの工場が閉鎖されるのはとても残念ですが、従来の商品は名称を変えずに販売を続けるそうなので一信者として引き続き全力応援していく所存です!