大澤 秋津 official blog

或る市民ランナーの内省録

再開&再会へ向けて

駿優予備学校郡山校駿優宇都宮校の生徒の皆様、こんにちは!

英語科大澤 秋津(弱点:指パッチンができない)です。

f:id:dragonfly_dynasty:20200509145107j:plain

絶品!『みたか食堂』の焼肉丼

 オムレツの作り方はさておき、今回は今後の再開&再会へ向けてのお知らせを少々。

 

 まだまだ詳細は未定ながら、少なくとも僕自身に限って言えば(‟このまま状況が悪化しなければ”の条件付きではありますが)来週の18日月曜日から郡山校&宇都宮校での直接授業を再開することができる見通しが立ってきました(現在のところ18日の月曜日に郡山校へ、19日の火曜日に宇都宮校へ出講します)。

 再開に向け、今週は『英長文読解X&Y』(※高校生の『難関大英語』を含む)の授業の映像を収録します。それぞれ第1講の途中からの展開になりますが、冒頭で‟前回までのお話”的な確認を行ってからスタートします。

 

 また、授業の再開に合わせ、(勝手ながら)17日の日曜日をこのブログの最終回と考えています。

 

 休校期間中、毎日根を詰めて勉強を続けてきた生徒の皆さんに対しては、再開前に2日程度の完全休養日をとられることを強くお勧めします。

 学校が再開すれば、おそらく前期授業終了と同時に夏期講習に入り、そのまま後期授業へと雪崩れ込みます。一度しっかり休んで、気持ちの上でも一区切りつけておかないと今後の過密スケジュールの中で失速&窒息してしまう可能性があります。

 こういった状況下なので、気分転換といっても選択肢は非常に限られていますが、上手に一度スイッチをオフにして、しっかり充電した上で、もう一度スタートを切り直そうという気持ちで再会できることを願っています(それこそ、こういう状況下でなければ、みんなで遠足にでも出かけたいのですが)。

 休養日は2日が限度というか上限だと思います。それ以上になると、一気にやる気を失う危険性が伴いますので。また、休養日でも起床時間はこれまで通りに学校の開始時間を想定した生活のリズムはしっかりと維持していこう!

 

 前期授業開講1週間後に休校になってしまったため、我々はまだお互いのことをよく知らないままですが、再開&再会の前に生徒の皆さんが、それぞれが励ましあえる機会を提供できないか、と検討中です。

 これから『はてなブログ』のコメント機能について勉強します。何か建設的なアイディアが浮かんだら、またお知らせいたします。