大澤 秋津 official blog

或る市民ランナーの内省録

動画授業の思ひで

駿優予備学校郡山校駿優宇都宮校の生徒の皆様、こんにちは!

英語科大澤 秋津(インスタント焼きそばなら断固‟ペヤング”派)です。

f:id:dragonfly_dynasty:20200512132949j:plain

「今日から読解系でーす!」

 ‟特別聴講生”のコメント(↑)にもあるように、今日と今週金曜日に『英長文読解X』(高校生コースは『難関大英語』)と『英長文読解Y』の授業、それぞれ2回分収録します。また、第1講の解答・解説のプリントは作成&印刷を終え、先程各校舎のスタッフに配布のお願いをしたところです。

 本科生も高校生も、そして駿優生だけでなくおそらく全国の受験生が動画配信の授業に対してもういい加減食傷気味と思われますが、あともう少しだけお付き合いをお願いします

 文法の動画授業と違って一時停止ボタンで止めるタイミングが難しいかもしれませんが、各段落ごとや設問の解説の終了のところで止め、内容や文構造の把握などの確認を進めることをお勧めします。ライブの授業よりもペースは少し早めなので、くれぐれも約70分ぶっ通しで再生しないでください

 

 僕が初めて動画配信の授業に触れたのは浪人生の時でした。当時通っていた予備校で提携していた大手の衛星中継ライブ配信の授業を、それぞれ週1回とることができました。古典英語世界史をとった記憶があります。

 古典はなんとかついていけましたが、苦手だった英語は本当にもうさっぱりで、画面の前で自分が一人だけ無視され置いてけぼりにされた絶望感しかありませんでした。然るべきお金を別途払ったのに、こちらの気持ちも汲まずに内輪話のような感じで、読めていること前提で画面の向こうだけで解説がどんどん進んでいくのが、とにかく悔しかった。あまりにも悔しく惨めだったので、その日の夜から母と一緒にその講座のテキストを読み進めることを始めました。両親から英語を教わることに僕が適応できなかったために(あと、反抗期とか重度の中二病とかの要因も複雑に絡み)、いつの間にか英語は大嫌いになっていましたが、その時初めて自分から頭を下げて母に教えを請い、(時に大ゲンカしながらも)母に一文ずつ英語を読む技術と本質を懇切丁寧にトレーニンしてもらったことが、英語と和解するきっかけだった気がします。この経験が今でも僕の原点です。

 一方、(成績自体は良くありませんでしたが)大好きな世界史は、講師の先生のキャラクターにも引き込まれて、夢中で受講していました。気持ちが暗く重かった冬期講習も、画面越しに講師の先生に励まされ、エネルギーをもらってがんばれました。今度は僕が教壇に立つ側に立場が代わった以上、ただ丁寧に教えるだけでなく、あの時感じたオーラのようなものを、その片鱗でも発揮しようと思って収録に臨んでいます。

 

 

 

 

 

 

 ……で、前回の最後に少し触れたコメント機能についてですが、授業再開を前に『オンライン決起集会』的な場を設けることで、お互いにモチベーションを高めあう機会が提供できればいいな、と考えました。

 

 具体的には、明日13日(水)の午前10時『オンライン決起集会』というタイトルの記事をアップします。その記事のコメント欄を、郡山校&宇都宮校の本科生&高校生のために開放します(※上記のような主旨で行いますので、大変失礼ですが対象から外れる方はご遠慮いただけるよう、ご理解と生徒へのご配慮をお願います)。

 コメント欄の開放時間は午前10時~午後10時まで。匿名で構いませんが、我こそはと名乗りを上げたい方は御自由に。

 コメントの方向性としては、授業再開へ向けての決意表明(例:〇〇大学絶対合格!or授業再開までに毎日10時間以上勉強するぞ!)や、他の駿優生への励まし(例:月曜日からまたよろしく!or宇都宮/郡山の駿優生もがんばろう!)、高校生へのアドバイス(例:世界史は近代史が終わらないから先に独習!or文化祭にハマりすぎはアウト!)などでお願いします。

 僕自身、(明日はお休みですが)自由に使える時間は限られているので各コメントに関しての個別のリプは辞退させていただきます。また、本当に申し訳ないですが英語についての質問は、(どの位のコメントがあるのかは予想できませんが)簡単に返すことは難しいので、これは授業再開後に直接対応させてください。

 あと、「コ〇ナ絶対赦さない!」などなど言いたいことは僕にも山ほどありますが、決起集会が主旨なのでネガティブ厳禁でお願いします。一応僕の方でも、適切と承認したコメントのみが表示されるように細かくモニターしていきます。

 

 ......我々は何らかの縁あって、今年、同じ学び舎に強い意志を持って集いました。開講1週間後に引き離されたものの、これで何かが終わってしまった訳ではありません

 今一度スタート切る前に、気持ちをお互いに表明し合い、来週から少しずつ受験生としての日常を取り戻していこう!